無題

おはようございます。

気付けば、8月。

今年は「あっという間」を通り越して、もはや空白のような半年。いや、空白のようでいて実は中身が詰まっているような気もする。なんだかいっぱい考えたようで、でも何かが形になったような気はしない。

2020年が終わったら、いろいろな問題がすっきりしているのではないか、とどこかで期待してしまうのだけれど。おそらくそんなことはなく。

あぁ、息苦しい。

なんでこんなにも息苦しいのか、と考えてみる。

おそらく、言いたいことが言えない息苦しさなのだろうな。

個人としての立場ではこう考えているけれど、お店としてはそれを言ったらダメだよね〜、みたいな。普段はしなかった社会に対する気遣いみたいなものに辟易する。

ついつい、言葉も慎重になる。きっと、みんな、そうなんだろうなあ。

そんな中でも、伝えたいことを丁寧にあえて口に出して(文字に起こして)発信していくことが大切なのかもしれないな。「正義」としてではなく「数多くある中の1つの意見」として。

思ったことを、思ったままに言えることは極めて健全だったのだということに気付く。

意見も、空気も、脳内も、関係も、風通しがいい方が良いにきまってる。

2020年08月03日 | Posted in ブログ, 私の生き方 | | 5 Comments » 

関連記事

コメント5件

  • sora より:

    真夏日で車から降りると暑さでクラクラしそうな 市駅をブラリとしてるとオープンカフェ。普段ホットしか飲まないが、あまりの暑さでアイスラテを頂く事に、ふと見上げると久々にカフェバスノンさんをお見かけして びっくり。コロナ禍で自粛ムードの豊田市を相変わらずの癒し系笑顔で。。。和みます
    暑いと思ってた中でもパラソルの下 心地いい風もふいており 美味しいアイスラテで不快な暑さも飛んで行きました。 

    「言いたいことが言えない息苦しさ」については思った事を思ったまま 一つの意見として言うことは健全な事に同意。 ただ 歳を重ねると 言わなきゃ良かった〜の反省を繰り返し 聞き役にまわり本心を出さなくなるんだよねーー。 これからはノンさんに聞き役になってもらおっと^_^

    • NOZOMI より:

      soraさん

      先日はありがとうございました^^
      びっくりしましたね〜!お久しぶりにお会いできてうれしかったです。
      こうやって、また懐かしい方々にお会いできたりするのがこの上なく楽しかったりします^^♪

      「言わなきゃ良かった〜」
      あるあるですね。笑
      後になって、もう少し言い回しを変えたほうが良かったのではないか、とか。
      そんなことばっかり繰り返しています。

      聞き役、いつでもなります。
      また、お会いできるのを楽しみにしています^^

  • 闘魂まさゆき より:

    “言いたいことが言えない息苦しさ”
    個人としての意見、チームリーダーとしての意見。
    自分47歳既婚者、3人の子供をもつお父さん。
    メンバー内、独身女子2人、既婚者女子4人の子持ち。
    それぞれ性別も違うし生活環境も違う。コロナ渦に於ける過ごし方、考え方も違う。何が正しいのか間違ってるのか誰にも分からないのに会社としてこうしましょう!って決まりそれを共有し意思統一させるために展開する。そこに自分自身の想い、言葉はあるのだろうか⁇
    いや、多分ない。上から落とされた自分自身納得もしていない決まり事をあたかも皆んな頑張って守ろうぜ!なんてカッコつけて言ってる自分にとうとう疲れてしまい表情も引きつってばかり(苦笑)
    あぁ〜息苦しい。
    このポジション代わってほしい。なんて言った日には『チーズはどこへいったのか』の本を20歳も下の後輩女子に渡されてしまった(苦笑)
    他人の気持ちはコントロール出来ない。だからコントロール出来ないことに悩まず自分自身のことを考える。
    って分かってるけどチームリーダーの僕は自分のことだけ考えていればいいの⁇
    こういった感情で心の中がモヤモヤしっぱなし。
    今日から仕事始め(◞‸◟)

    幡野さんの『なんで僕に聞くんだろう』じゃないけど『なんでノンさんに聞くんだろう』になっちゃってるね(笑)
    このブログ読んでふと感じてる思いを書いてしまった(^_^;)

    • NOZOMI より:

      闘魂まさゆきさん

      なるほど、、
      会社や組織になると、さらに「自分の意見」ではなく、会社の意見や方針をみんなに伝えてそこに向かっていかなきゃいけないのかあ、、
      それもまた、息苦しい。笑
      2020年は、みーんな何かしらの苦しさを抱えているんですね、、。私も愚痴ってないで頑張らねば。

      そして、「チーズが消えた」の本を貸してくれる後輩の優しさ。
      その部分を聞いただけでも、彼女にとって「慕える上司」なのだろうなあ。
      かれこれ何年もずっとひとりなので、ちょっと憧れていたりします。無いものねだりかもしれないですね^^

      もやもやしながら、やきもきしながら、あぁ〜ってなりながら、
      ちょっとでもコトが良い方向に向かっていくことを願ってお互いがんばりましょ!

  • 闘魂まさゆき より:

    このブログ読むといつも考えさせられたり共感したりしてます……勝手にね(^^;;
    無題から次の武田砂鉄さんのブログの内容に続いてるのかなと勝手に思いなんかオレの想いも入れちゃおうかなと勝手にコメントしやっぱ消したいと思っても消すことできずにあたふたしてました。
    夜中に思ったことコメント入れちゃって朝になると後悔するみたいな。 恋愛中のカップルか⁈
    って1人思いながら(笑)
    でも、チーズが消えたの本を置かれて自分が思った気持ちとノンさんが思った気持ちが違うんですね(><)
    自分がどう感じるかと相手がどう感じるかは違うし正しくこの本のテーマである起きたことに対する自分がポジティブに捉えるかマイナスに捉えるか?

    あの後、後輩に聞いたらオレの姿見てなんとかポジティブに考えて欲しいと思ってこの本渡しましたって言われました。
    ジーンとしてしまった。
    同じ職場で仕事してると男女の差、年齢の差で気を遣うことあるしもっと気楽に接したい。
    毎日考えさせられます(。-_-。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です