お店って自己紹介なのかも

「性格が、極めてカフェ的だよね」

先日、とある人に言われた言葉。

言い得て妙である。

性格がカフェ的、とはどういうことか。

まずは、来るもの拒まず去るもの追わずなスタイル。

来るもの拒まず、というと「誰でもウェルカム!」という両手を大きく広げた明るさを想像するけれど、そういう訳ではない。こちらの主張はわりとしっかりと伝わるように出しておきながら、それを知った上でこちらに寄って来るのであれば(おとなりどうぞ)と、そっと椅子を差し出すような感じ。

そして、決してそこに留めようとも囲おうともしない。自分のタイミングで席を立ってもいいし、そこにしばらく居てくれても全然いいよ、そんなにお構いは出来ませんが、というような一定の距離感。

そして、派手さもなく、目立ちたいわけでもなく、いつもふつうに生きていたい。それが何よりも幸せ。大きな波はなるべく来なくていい。湖みたいな穏やかな感情のさざなみは、けっこう好き。

一杯のコーヒーを淹れるように、一日を生きている。

自分を売り込まない(売り込めない)し、大きく見せたくもない。宣伝したくもないけれど、じわじわと人との交流が深まったり、ひとつづつ、ひとりづつ好きな人やものが増えていくのは嬉しい。

華やかさよりは、経年を感じさせる「味」が欲しい。

なんというか、全体的に地味なのだ。こじんまりとしている。

これは、そのまま自分のお店のスタイルにも当てはまる。というか、そういう人がつくるお店だからそうなっている。

言い得て妙だな、とは思ったものの、ある意味当然かもしれない。

カフェを仕事に選んだのも、自分の性格と似ている、つまり働く上で無理がなさそう、という部分に惹かれたのかもしれない。

カフェ、とはいえ今やいろんなカフェがあり、華やかなところも大きな波をあえて立てるお店もある。戦略的にやっているところもあれば、店主の人柄がそのまま投影されているところもあるだろう。

STREET COFFEE&BOOKSは、私の性格をそのままあらわしているようで、そう考えると可視化された分ちょっと恥ずかしいけれど、お店を通して自己紹介をしているようで、清々しさもある。

小さいお店で、店主の顔が見えるお店って、そういうとこあるよね。

そういえば先日、年内最後の営業を無事に終えました。

今年のまとめと来年の予定を、12月中にブログにあげたいな〜。

あと数日の2020年を満喫しまーす。

つづく

2020年12月27日 | Posted in ブログ, 私の生き方 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • たまごサンド より:

    「派手さもなく、目立ちたいわけでもなく、いつもふつうに生きていたい。それが何よりも幸せ。大きな波はなるべく来なくていい。湖みたいな穏やかな感情のさざなみは、けっこう好き。」

    すっごく共感できます!

    「なるべく小さな幸せと、なるべく小さな不幸せ、なるべくいっぱい集めよう、そんな気持ち分かるでしょう(情熱の薔薇/ブルーハーツ)」を思い出しました。この歌詞自体の深さにはまだたどり着いてないけど。。

    あ、youtubeLIVEも観ましたよ。便利な時代になったなぁ、、と思いつつ、髪が気になって話に集中できなかった感じも(笑)

    今年のまとめ、楽しみにしてます!

    • NOZOMI より:

      たまごサンドさん

      あけましておめでとうございます^^

      youtubeライブ、マイクとか場所とか日差しとがちゃんと考えていなかったことを猛烈に反省しております。
      恥ずかしすぎて見直せないけど。笑

      今年は、どんな年になるかなあ、、
      穏やかな湖みたいな時代は、もしかしたらもう来ないのかもしれないなあと思いつつ、
      自分の心の中だけは、振り回されすぎずに平穏でありたいなあと思います。

      なるべく小さな幸せと、なるべく小さな不幸せ。
      深いなあ、、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です