ただ、生きる

あの人、元気かなあ。元気だといいなあ。

生きていてくれたらいい。もし、笑っていてくれたら、穏やかに過ごせることが出来ていたら、どこかで元気にしていてくれたら、、、

日々、ふとしたときに、久しく会っていないお客さんの顔が思い浮かぶ。

「引っ越すけど、いつか、また来るね」「仕事に復帰することになったから、しばらく来れないけど、、」「遠い土地で挑戦してくる」そういう言葉で括られたもの、そうではないもの、いろんなものがある。

「いってらっしゃい。またね。」

なにかに躓いてしまったとき、”休憩”を必要としているとき、どうしたらいいかわからないとき。

コーヒーはその時間をそっと包む。そう思っている。

本当は、人間は、ただ、生きているだけでいい。

立派なことをしなくても、何かを成し遂げなくても、一生懸命になれなくても、ただ、生きていればいい。

植物も、昆虫も、動物も、微生物も、きっと、何かを成し遂げようとはしていない。自分の生命を淡々と維持してる。その生命活動のなかで必然的に循環が起こり、誰かからの恩恵を受けたり、反対に誰かの役に立っていることがある。

それは、”結果的にそうなっている”というだけだ。

それを目的にしようとしすぎると、歪むものもある。

自分の持って生まれた性質に従い、無理をせずに、ただ生きていく。

そのことが、”結果的に”誰かにとっての木陰になるかもしれないし、誰かにとっての酸素になるかもしれないし、誰かにとっての養分になるかもしれない。

もしかしたら、ならないかもしれない。それはわからない。結果は、あらかじめ決めていない。

どうなるのかを、知りたい。

ただ、生きていればいい。

自分の生まれ持ったものに従い、健やかに生きる。

それでも、きっと、誰かにとって、地域にとって、社会にとって、何かを循環させている。

そのことを自分たちが実践する。どうなるのか、実験する。

樹木荘は、成長至上資本主義に抗う。

人を消耗させ、消耗した分を補うかのように過剰に摂取させる仕組みに。

食べ物も、物品も、価値も、不安も、必要以上に押し付けてくる社会に。

風の音と、太陽の光を浴びながら、静かに中指を立てる。

2024年06月10日 | Posted in ブログ, 樹木荘 ROJI COFFEE&BOOKS, 私の生き方 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • たまごサンド より:

    見た目は、静かに優しく微笑みながら。

    っていう感じが目に浮かびます(笑)

  • 松島 馨 より:

    “休憩”出来る空間をありがとう

    もう少しだけ休憩させてくださいね

    頑張って…いや、”イイ感じ”に生きていこう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です