まちの空気をつくる仕事

立地の問題からなのか、スタンド形式の問題なのか、切羽詰まった状態で「コーヒー頼むと何分かかりますか!!?!」と、言われることがある。

急いでいるのだろう。

電車なら15分に1本ほど、バスなら1〜2時間に1本の路線も存在するこの駅で、そう叫んでしまうのは無理もない。乗り遅れたら THE END なのだ。

そういった場合、他に待っているお客さんがいなくとも、極力長めの時間を提示してやんわりと断るようにしている。

ドキドキしながら、ハラハラしながら(まだか、まだか、まだか、、、もうそれでいいのに!!!)などと思いながら待つ時間は、なんとも窮屈だ。その時間が心地よいとは思えない。そんな時にコーヒーで一息ついて欲しい気持ちもあるのだけれど、生意気を言えば、急かす視線を感じながらコーヒーを淹れたいとは思っていない。

すぐ隣にはロッテリアもあるし、マクドナルドもあるし、自動販売機だってある。「コーヒーを摂取する」という目的は、ここでなくとも果たせるであろう。

急いでいても「あと10分あるから、大丈夫よ」などと言ってくれる、余裕のある状態の方だったら、こちらも極力無駄を減らし、その中で美味しいコーヒーを淹れたいと思う。

はなっから急げオーラを出されてしまうと、そこに存在する空気が一瞬で張り詰めて尖ったように感じる。それは、当事者同士だけでなく、その場にいるお客さん全員に伝染する。

コーヒー屋として、なんとも避けたい瞬間である。

先日、高校生へ「未来ダイアログ」という授業の企画で話しをしに行った。その中で、「バリスタとは、コーヒーを淹れるだけではなく、街の空気をつくる仕事」ということを話してきた。

街に美味しい空気をなるべく循環させる。やわらかい雰囲気、と言い換えても良いかもしれない。直線的な駅前に、あえて単調では無い曲線をひいて緩やかに乱していくイメージ。均一なグレーに、オレンジ色の水滴を落としていくイメージ。

そんなイメージで働いている、という話がどこまで17歳の彼らに伝わったのかは分からないけれど、、何かを感じてくれていたらとても嬉しい。

食べているものが身体をつくる、ということを知っている人は多い。

目に見える状態で反映されることからも、それは事実に違いない。

では、吸っている空気が人生をつくる、ということを知っている人はどれくらいいるのだろう。

目には見えないし、誰かに指摘されることも無い。だけれど、確実に、日々摂取している空気こそが自分の人生を作っている。確信を持って言える。

心地よい空気に囲まれることを、何より優先させた方が良いとすら思う。

自分が吸いたい空気があるならば、自分でそれを作ればいい。それが、自分の人生を生きるということだ。

2020年11月07日 | Posted in Uncategorized, お店のこと, ブログ, 私の生き方 | | 5 Comments » 

関連記事

コメント5件

  • norisan420 より:

    吸っている空気が人生をつくる。

    なんか沁みました。

    • NOZOMI より:

      norisan420

      一緒にいる人、過ごしている環境、とかを選ぶのはそのためかなあって思います。
      私が外でずっと仕事しているのも、新鮮な空気につつまれていたいからかもしれないです(*´∀`)

  • たまごサンド より:

    「空気を読むな!空気をつくれ!!」とか、イケイケの上司が部下に発破かけて、全員で「おーーーっ!!!」みたいなのは苦手だけど、ここで書かれている「空気をつくる」はすごく共感します。
    まさに街のデザイン。
    気合や支配欲で空気を変えようとするんじゃなくて、みんなが気持ちよくなることを目指している感じがいいです。

    あ、写真もいい感じの空気漂ってる(^_-)

    • NOZOMI より:

      たまごサンドさん

      街のデザインの末端、仕掛ける側というよりは、街で暮らす人と一緒に創るようなのが向いていると自負しております(´`)
      存在しているだけでも意味があるんじゃないかな、という猛烈な自己肯定感があったので、2020年をなんとか乗り越えられてきたような気も。

      来年度の豊田市の中学校の社会の教科書に載せてもらえるようで、ちょっとワクワクしています。
      おしゃれな雑誌、珈琲雑誌、とかではなく教科書というところが面白い。笑

      • たまごサンド より:

        仕掛け人ではなく、当事者ですね。
        猛烈な自己肯定感がある当事者(笑)

        社会の教科書!!
        載せると判断した方も偉い!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です