2019−2020

年末になると「今年はどんな年だったか?」と、1年を思い返すことにしている。

例年に習い、どんな1年だったのかを振り返ってみようと思ったのだけれど、一向に言葉が出てこない。

何もしていないようで「なにか」はしているし、そんなに変化がない1年だったわけでもないのだけれど、とにかく思い出せない。

何かを決意したり、自分で選択したというよりは、流れるような川の流れに乗っかってみた、という感じだからかもしれない。

自分が行きたい方向を目指して必死になって漕いでいる湖のボートではなく、大きなS字を描きながらゆっくりと漂っているイカダ。

するべきことも、したいことも山ほどあるのにもかかわらず、あと数年は自分に対して「Stay」をかけるだろう。「ぬるま湯に浸かっている自分」を認識した上で、ぬるま湯に浸かり続ける選択をすることは、楽なようで精神的には楽ではないのかもしれない。

どちらかと言えば『全力で突き進んでいる状態』が1番楽だ。疑問が湧いてくる余地も与えないほどの勢いは、猛スピードの自転車の軸ように安定している。ゆっくりゆっくり自転車を漕ぐよりもずいぶん楽だ。(大転倒する可能性もあるけれど)

ただ、生活と仕事の比重を考慮した場合、現在の最適解は、今この状態にある気がする。子どもも、旦那さんも、誰も泣いていない。もちろん私も、お客さんも。

その間に温存して、温めておかなければならないことがたくさんある。

来年はきっと、そんな年になる。

2020年は、温める1年。(なんだかぬくぬくしていそうで、心地よさそう)

あなたにとって、2019年はどんな年だったでしょうか。

ずっとずっとお世話になっている方も、今年になって出会った方も、これから出会うかもしれない方も。みなさんにとって、心地の良い年になりますよう願っております。

2019年12月31日 | Posted in お店のこと, ブログ, 私の生き方 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • 松島 馨 より:

    明けましておめでとうございます

    昨年は「心地の良い時間」をありがとうございました

    おかげで素敵な年になりましたよ

    川の流れに身を任せたり、ぬるま湯にどっぷり浸かっ

    てみるのも良いのではないでしょうか

    30年くらい前のショーン・コネリーの出てたウイス

    キーのCMでの台詞

    「時は流れない。それは積み重なる。」

    この台詞、好きなんですよね

    過去を取り戻すことは決して出来ない しかし過去は

    ただ彼方へ流れ去り儚く消え去るだけのものではな

    く、過去に味わった喜びと悲しみ、苦悩と幸福、歓喜

    と怒り、そして出会った人々、彼らへの友情、嫌悪、

    愛、憎しみ、尊敬、軽蔑、その全ての結果として今の

    自分が存在する。今まで生きてきた「時」の積み重ね

    として今の自分があるのだ。

    こんな解釈らしいです…たぶん(笑)

    今の自分に新しい自分を積み重ねて…素敵な歳のとり

    方をしたいものですね

    • NOZOMI より:

      松島さん
      遅くなりましたが、あけましておめでとうございます^^
      今年もよろしくお願いいたします。

      「時は流れない。それは積み重なる。」
      かっこいいですねぇ、、、。ウィスキーのCMと言うのがまた良い。

      そう思うと、本当に歳を重ねるって素敵なことだなあと感じます。
      衰退ではなく、年輪のように厚みを重ねていけるような、かっちょいい大人になりたいものです。

      お互いに、良い1年になるよう願っております♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です