コロナ的教訓 〜青春ver〜

ここのところ、毎日とてもエキサイティングだ。

ほのぼの、好きなように好きなだけ、毎日ふわ〜っと生きてきてしまっていた私にとって、いい意味で転機となっている。

否が応でも頭を使わざるおえず、否が応でも心が敏感に感じることに反応せずにはいられない。そして、それを言葉にするのはなかなか繊細な作業で、一歩伝え方を間違えば反感をかうことも起こりうる。

何をするにしても、しないにしても、覚悟を持たざるおえない。

誰も叩いてくれなかったお尻を、思いっきりバチコーンとひっぱたたいてくれたのが今回のコロナ騒動だ。

一見これまでよりしんどいはずなのに、不安なはずなのに、どこか心強さとやる気をみなぎらせている自分がいることも事実。

これまで、他店や違う業種など【仲間】と意識していなかった存在が、街全体が、今【仲間】のように思える。

状況的に営業するのが難しいお店があるのであれば、そのお店のためになんとか動ける自分たちがwin-win-winの関係に持っていくことは出来ないだろうか、と頭を使ってみたり。

しんどそうな顔をしている人がいたら、どんなひと声をかけるべきか、と考えてみたり。

トヨタ自動車の協力でハーモという小型電気自動車をテイクアウトのデリバリーに使ってみよう!というチャレンジも昨日から始まったようだ。

役所や民間企業の人も、積極的に個人店を利用してくれていたりする。

お客さんは、これまで以上に応援してくれている。本当に有難い。この有難さを受け取るだけでなく、自分の成長にお店の成長に必ず繋げたい。

みんなで生き残ろう、全員で勝とう、というお客さんもお店も企業も含めた地域間の絆みたいなものは、確実に強く太くなっていると肌で感じる。

ずっと一人でいたから忘れてしまっていた、学生時代の部活のような熱さを久しぶりに感じている。

この感じ、けっこう、嫌いじゃない。


2020年05月08日 | Posted in お店のこと, ブログ, 私の生き方 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です