プレイスメイキング/園田聡

プレイスメイキング 園田聡

公共空間を、単なる空間としての「スペース」から、人の居場所としての「プレイス」にするための取り組みや概念を、専門的な立場からヒントを与えてくれる本。

人の居場所をつくるには?街に愛着をもってもらうには?居心地が良いと感じてもらうには?それは、まちを賑わせるという意味だけではなく、地域の平和や景観にも関係してくる。

いくつかの事例のなかで、私たちの豊田市のことも大きく扱っている。著者の園田さんは、豊田市の「あそべるとよた」プロジェクトにも関わっており、これまで松坂屋とT-FACEの間にかかる【ペテストリアンデッキ】や、スケートボード・BBQを市民が楽しめる駅前の公園【新とよパーク】などの裏側を支えていた人物である。

まちをつくる仕事をしている人、まちづくりに興味がある人、豊田のことが好きな人にもぜひ手にとっていただきたい。

2019年06月21日 | Posted in BOOKS, 街についての本 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です