どこでもない場所/浅生鴨

どこでもない場所/浅生鴨

_______________

僕はいつも迷ってる。

大きなことから些細なことまで、僕は常に迷い混乱している。

僕には主体性がないのだ。僕がものごとを始める動機はいつだって外からやって来て、僕自身の中にはほとんどない。

受注体質の巻き込まれ型。それが僕なのだ。

_______________

愛おしいくらい人間らしい。

迷っても、ダメでも、迷子でもいいじゃない。

目的地さえなければ方向音痴にはならないのだ。

浅生鴨。

…あ、そうかも。

2020年01月14日 | Posted in BOOKS, 生き方についての本 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です