街を変える小さな店/堀部篤史

街を変える小さな店 堀部篤史

京都の本屋と聞いて、思い浮かぶのが【恵文社 一乗寺店】著者の堀部さんが店長を務めていたお店。(現在は独立されている)

ファストフードや大手資本のお店ではない、小さなお店。そんなお店が街をつくる。そして、そんなお店が存続していくためには【価格ではないもので評価するお客さん】の存在が必要不可欠だ。

そして、小さなお店ではお客さんと店主が直接関わることにより、若い世代に専門的なことや生き方の形を伝えていくとが出来る。それは【人を育てる】すなわち、街を育てるということ。

観光客相手ではなく、そこで暮らす人に愛されるお店でなければならないという思いにおおいに共感させられる。

恵文社のページ

堀部さんの現在のお店【誠光社】のページ

2019年06月23日 | Posted in BOOKS, 街についての本 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です